おっさんの 趣味のページ へようこそ
パソコン暦は1981年からと長いですが、
釣りと同様、広く浅く楽しみながら使ってきました。

スマートフォン & タブレット の 部品やアプリ

パソコン関連メニューへ

ASUS Zenfone 3(Android 7.0)を root化する手順

2017年11月06日に再実施した内容です。年月の経過で内容が変わると思いますのでご注意ください。

root化に使用したスマホは ASUS Zenfone 3 ZE520KL 日本版 です。

Android 7 のままではブートローダーをアンロックできなかったため、一旦Android 6 にダウングレードしてから実施し、再度 Android 7 にアップグレードした手順の内容です。


今回の作業項目は

 ●Android の ダウングレード(Android 7 → Android 6)
 ●ブートローダーをアンロック と TWRP の インストール
 ●Android の アップデート(Android 6 → Android 7)
 ●root化


追記・・・今後ファームウェアをバージョンアップすると、再度root化をする必要が発生する場合があります。


今まで、ドローンでGamepadを使用する時は、root化したタブレット Teclast P80h(D4C7)を利用していました。

しかし、Zerotech Dobby の手軽な操縦には タブレット+Gamepad は少し大きすぎます。

手軽にZerotech Dobby を使用するために、現在メインで使用しているスマホASUS Zenfone 3 をroot化するのがベストだと判断しました。


root化する手順を色々調べてみると、ASUS Zenfone 3 が Android 7 の場合は、従来の Android 6 の場合の手順ではうまくいかないようです。

ホームページで Android 7 用の手順を調べて root化作業を実施しましたが、ブートローダのアンロックがうまくできませんでした。

仕方なく、一旦 Android 6.0.1 にダウングレードしてブートローダをアンロックし、再度 Android 7 にアップデートしてroot化しました。

色々と試行錯誤した結果、少し面倒ですが下記のような手順で数回実施し全て成功しました。


root化 の 手順


  1. Android 7 を Android 6 にダウングレード(Android 7 ではブートローダーのアンロックが出来ませんでした)
  2. ブートローダーをアンロック(Android 6 用の手順)
  3. TWRP をインストール(Android 6 と Android 7 共通)
  4. Android 7 にアップデートを実施
  5. TWRP を再度インストール(Android 6 と Android 7 共通)
    (Android 7 にアップデートを実施すると 3.でインストールした TWRP が使えなくなったため)
  6. Android 7 用の手順で root化を実施


最近は root化の成功率が高いそうですが、ここの作業は失敗するとスマホやタブレットが使用できなくなる可能性がありますので、自己責任のもとで実行してください。

↑ ページのトップへ戻る ↑

★root化前の事前準備

1.失敗する可能性があるので、必要なバックアップを取っておく

   root化していなくても、無料アプリ「Helium Backup」等を使用すれば必要なバックアップを取ることが出来ます。

2.Androidの「設定」で下記を有効にしておきます

   「セキュリティ」の「提供元不明のアプリ」を有効にします。

3.WiFiに接続し、インターネットが使用できるようにしておきます。

4.ユーザー登録用のIDやパスワード、LINEに登録した電話番号やメールアドレス等もメモしておいた方が安心です。

↑ ページのトップへ戻る ↑

★必要なファイルの ダウンロード

root化のために必要なファイルのダウンロード先をここにまとめておきました。以降の説明の中で必要なファイルはここから入手できます。


★ADBドライバー関連 (adb_tool.zip) (解凍する時のパスワードは "tizen")


★ BootLoader の アンロック の為の master.zip をダウンロードする。


Android 6 と 7 共通です

★twrp(最新版)を入手する時は、


Android 7 をroot化するために必要なファイルです(Android 6 では使用しません)

★SuperSUのインストール用ファイル(Android 7 用)

 
★Android を ダウングレードするために必要なファイル(Android 7.0 → Android 6.0.1)

↑ ページのトップへ戻る ↑

★パソコンとスマホをUSB接続し通信できるようにする

ADBドライバー関連をパソコンへインストールします。

すでに、ADBドライバー関連のインストールが出来ている場合は不要です。


★インストールされているかの確認方法

  ・スマホの 電源OFF → 電源ボタンと音量アップボタンを約5秒間同時押ししてfastbootモードで起動します

fastbootモードの画面です。
この画面が出ずに→→→→

画像をクリックすると拡大
最初にこの画面が表示される時は
10秒以内に音量+の
ボタンを押すと、→
この画面が表示されますので
fastbootを音量ボタンで選択し
電源ボタンを押すと
fastbootモードになります。


  ・パソコン と スマホ をUSB接続します。

  ・パソコンでコマンドプロンプトの画面を開き

     fastboot devices   と入力してリターンキーでスマホの情報が表示されればインストール済み。

     adb version     と入力してリターンキーでバージョンが表示されればインストール済み。
                fastboot が働けば、adb コマンドは動作しなくても作業は可能です。

   確認後、スマホの電源をOFFにします(電源ボタンを10秒ぐらい押します)


★パソコンへインストールする方法

●入手した adb_tool.zip を解凍しすると、\RootZenfone3-master というフォルダーがあります


●ASUS Android USB drivers for Windows をパソコンへセットするために

   \RootZenfone3-master\0.Install_Driver.bat を実行する


●ADB と Fastboot とドライバ をインストールします

   \RootZenfone3-master\adb-setup-1.4.3.exe

   を実行し、すべて「Y」を押してインストール。

↑ ページのトップへ戻る ↑

1.Android 7 を Android 6 にダウングレード

この方法は、ダウングレードだけではなく、アップグレードにも使用できます。
また、Android 7(新) → Android 7(旧) にも使えます。


1−1.ダウンロードした、recovery.img、boot.img をパソコンのわかりやすいフォルダに置く。

    (例)recovery.img と boot.img を パソコンの C:\asus に 保存。

1−2.ダウングレード用ファームウェアのファイルをスマホに内蔵しているSDカードに転送。

     通常起動したスマホとパソコンをUSB接続してコピーすると楽です。

     面倒ですが、スマホからSDカードを取り出してコピーし元に戻してもOKです。

2.スマホをfastbootモードで起動する

    スマホとパソコンのUSB接続は外しておきます。

     電源OFF → 電源ボタンと音量UPボタンを約5秒間同時押しして fastbootモードで起動します。

3.Zenfone 3 と PC をUSBケーブルで接続します

4.img ファイルを Zenfone 3 に書き込む

    コマンドプロンプトを右クリックし「管理者として実行」で起動します。

    まず recovery.img、boot.img のファイルの場所に移動します。

    (例)の c:\asus の場合は、ドライブ c: に移動します
      >c:
    c:\asus のディレクトリに移動します
      >cd \asus

    ファイルをスマホに書き込みます

       fastboot flash recovery recovery.img と入力し実行

       fastboot flash boot boot.img と入力し実行

    ここでは、電源をOFFにはしません。

5.リカバリモードで起動して、ファームウェアを書き込む

    電源ボタンと音量DOWNボタンを約5秒間同時押して リカバリモードで起動する

    音量ボタンで一番下の「Apply update from micriSD card」を選択し

    電源ボタンを押して実行します。

    ファームウェアのファイルを音量ボタンで選択し電源ボタンで実行

       UL-ASUS_Z017D_1-JP-13.2010.1612.161-user.zip

    書き込みには5〜10分程度かかります。

すでに TWRP をインストールしている場合は、右の要領で

TWRPのメニュー画面を出し、

「install」でSDカードにコピーしたダウングレード用ファームウェアのファイルを選択し実行します。

ここの手順は6.のroot化の手順を参考にしてください。

10秒以内に音量+の
ボタンを押すと、→

この画面が表示されますので
recoveryを音量ボタンで選択し
電源ボタンを押すとTWRPの
メニューになります。


6.完了したら、画面のカーソルが「Reboot system now」に移動しますので電源ボタンを押して、再起動させます。

    再起動して、ダウングレードしたOSが起動すれば完了です。

    再起動時にアプリのアップデート等で起動には少し時間がかかります。

    TWRP の場合は「Reboot」→「System」で再起動させます。


注意・・・

Android 6.x から 6.x へ、又は Android 7.x から 7.x へのダウングレードやアップグレードの時は上手く再起動しますが、

Android 7 から Android 6 へのダウングレードやアップグレードの時は上手く再起動しない場合があります。

私の場合は、最後の再起動時に「3個のアプリを更新しました」と表示された後、
ブート画面のまま約1時間経ってもそのままでOSが起動しませんでした。

電源ボタンを長押ししてOFFにし、電源ボタンと音量DOWNボタンを約5秒間同時押してリカバリモードで起動。

   音量ボタンで「wipe data/factory reset」を選択して電源ボタンで実行。

   音量ボタンで「wipe cache partition」を選択して電源ボタンで実行して、正常起動しました。

この処理をした場合は当然工場出荷時の状態となり、購入した時と同じ初期入力の操作が必要でした。

事前にバックアップしておいた電話帳などが復元できたので何とかなりました。

また、ユーザー登録のIDやパスワード等も事前にわかりやすくメモしておいた方が良いと思います。

↑ ページのトップへ戻る ↑

2.ブートローダーをアンロック(Android 6 用の手順)

ASUS Zenfone 3 Android 6 用の手順です。 Android 7 ではアンロック出来ませんでした。

1.ZenFone 3 の「設定」にて

   「開発者向けオプション」をタップし「有効ON」にする

   「USBデバッグ」モードにチェックを付け「有効」にする

   ●「設定」に「開発者向けオプション」が表示されていない時は、

      「端末情報」>「ソフトウェア情報」>「ビルト番号」をメッセージが出るまで連打すると表示されます。

2.ZenFone 3と通信を行うためのADBドライバをパソコンにインストールする。

3.ZenFone 3 を Fastbootモードで起動する。

    電源OFFの状態から、ボリュームキーの上(+)を押しながら電源ONし、fastbootモードで起動させる。

4.パソコンのコマンドプロンプト画面を開く

    \RootZenfone3-master のディレクトリに移動し、Dos.batを実行して、コマンドプロンプトの画面を開きます。

    (\RootZenfone3-master のディレクトリについては、必要なファイルの ダウンロードを参照)

5.コマンドを実行し、ブートローダーをアンロックします

   ・ZenFone 3 と PC をUSBケーブルで接続し、通信のできる状態にする。

   コマンドプロンプト画面に下記のコマンドをコピー&ペーストすると楽で間違いがありません。

   ・端末が表示されることを確認する

      fastboot devices

   ・下記コマンドを順次コピー&ペーストでコマンドプロンプト画面に張り付け実行します。

      fastboot flash all unlock_ze520kl.raw

      fastboot reboot-bootloader

      fastboot oem unlock-go

      fastboot oem device-info    情報表示画面を表示します

         情報表示の一部に Unlocked:True の表示があれば成功です

        (Android 7 で実行すると False となっています。失敗

   ・端末を再起動します

      fastboot reboot

   ・パソコンの コマンドウィンドウは閉じずにそのままにしておきます

      TWRP をインストールしない時はコマンドウィンドウを閉じます。

↑ ページのトップへ戻る ↑

3.TWRP をインストール

この作業は 5.で再度実施するので、ここでは必要ないかもしれませんが、確認していません

TWRP の インストールは、Android 6 と Android 7 は共通の作業となります

ひとつ前の「2.ブートローダーをアンロック」を参考にコマンドウィンドウを開きます。

スマホをfastbootモードで起動し、USBでパソコンと接続してから、コマンドウィンドウを開きます。


下記コマンドを順次コピー&ペーストで張り付け実行すると楽です。

twrpファイルをスマホに書き込みます。(この時点の最新バージョンを使用しました)

   fastboot flash recovery twrp-3.1.1-0-Z017-20171023.img

完了後、端末を再起動します。

   fastboot reboot

端末が再起動し fastbootモードになったら、電源ボタンを約10秒ぐらい長押しして一旦電源をOFFにします。

fastbootモードの状態で、電源ボタンを約10秒ぐらい長押しして一旦電源をOFFにします。

電源ボタンと音量ダウン(−)ボタンを同時に約5秒間ぐらい押して下の画面を出します。

電源ボタンと音量ダウン(−)ボタンを同時に約5秒間ぐらい押して左の画面を出します。

この画面になったら10秒以内に音量+のボタンを押し下の画面を出します。

(押すのが遅れると、通常起動となります。)

音量ボタンの+か−ボタンでrecoveryを選択し電源ボタンで決定します。

一旦上の画面になりますが、今回はそのままにしておき30秒〜1分ぐらい待つとTWRPのメニューになります。

TWRP の起動の確認が出来たら、Reboot → System を実行し、スマホを通常起動します。今までに無いメニューが表示されますがメニューを操作せずにそのままにしておくと5〜10秒で通常起動を始めます。

↑ ページのトップへ戻る ↑

4.Android 7 にアップデートを実施

スマホを通常起動すると、Android 7 にアップデートする案内が表示されましたので、それに従って実施しました。

表示されない時は、「設定」「システムアップデート」でアップデートできるようです。

ここでは、現在の最新版にアップデートされます。

↑ ページのトップへ戻る ↑

5.TWRP をインストール

「3.TWRP をインストール」と同じ手順です。

Android 7 にアップデートを実施すると Android 6 でインストールした TWRP が使えなくなったため再度実行しました。

↑ ページのトップへ戻る ↑

6.Android 7 用の手順で root化を実施

まず、事前に入手した4個のファイルをSDカードにコピーしておきます。

その後、TWRP を起動します。


電源OFF → 電源ボタンと音量ダウン(−)ボタンを約5秒間同時押しして TWRP を起動させます。

ここでTWRPが起動せずにメッセージが表示された時は、すぐに音量+ボタンを押し、メニュー一覧が出たら音量ボタンで recovery を選択し電源ボタンで TWRP を起動できます。

メッセージが表示された時、操作せずにそのままにしておくと5〜10秒で通常起動を始めます。


SDカードの zipファイルを選択してインストールします。

事前に、TWRP の「Install」をタップし、最下段の「Select Storage」をタップ、●Micro SDCard を選択し「OK」で
SDカードを選択しておきます。戻るボタンでメニューに戻ります。

   


1.Install -> No verity をタップ -> 下段の「Swipe to confirm Flash」をスライドしてインストールします。

   

2.Reboot -> Recovery で TWRPを再起動 します。

   この手順を飛ばすとブートループしてしまうので必ず実施します。

3.Install -> Supersu をタップ -> 下段の「Swipe to confirm Flash」をスライドしてインストールします。

4.Install -> Busy をタップ -> 下段の「Swipe to confirm Flash」をスライドしてインストールします。

5.Install -> Root をタップ -> 下段の「Swipe to confirm Flash」をスライドしてインストールします。

6.Reboot -> System で再起動したあと数分程度待たされますが、起動されれば root化完了です。

  
色々と事情がありroot化を4回実施しましたが、すべて問題なく完了しました。

↑ ページのトップへ戻る ↑