おっさんの 趣味のページ へようこそ
実際に使用した ドローン や アプリ の
使用方法 や 詳細 を整理しました。

スマホ操縦アプリの 飛行データ転送


スマホを使用した操縦アプリの 飛行データを、スマホとパソコン間で相互転送する方法をまとめてみました。
但し、アプリのバージョンアップや仕様の変更により内容が異なる場合があります。

転送できる飛行データは 作成したミッション(フライトプラン)や フライトログです。

Litchi のミッション(フライトプラン)は iOS版とAndroid版は同じ仕様なので、例えば iOSで作成したものをAndroidで使用できます。
保存しておくと、スマホを買い替えた時などに役に立ちそうです。


iOS版(iPhone や iPad) の 飛行データ を相互転送する方法

    対象アプリ・・・「Litchi」、「Dji GO」、「DJI Phantom Flight 」


Android版 の 飛行データ を相互転送する方法

    対象アプリ・・・「Litchi」、「Dji GO」

このページの先頭へ戻る

iOS版(iPhone や iPad) の 飛行データ を相互転送する方法


パソコン用フリーソフト iTunes を使ってもスマホからパソコンへ転送できますが、パソコンからスマホへ転送できないため、パソコン用フリーソフト iFunbox を使用しています。
ただし、iTunes をインストールしてないと iFunbox は使用できません。

以下の手順を実行する前に、 iTunes と iFunbox をインストールしておいてください。

転送できる飛行データは 作成したミッション(フライトプラン)や フライトログです。

iPhone や iPad の データを、他の iPhone や iPad へ転送して使用できます。
私は暇な時に iPhone で作成し、iPad に転送して操縦する機会が結構多いですが問題ありません。


1.iFunbox を使って iPhone や iPad から パソコン へ 飛行データ を転送する方法

2.iFunbox を使って パソコン から iPhone や iPad へ 飛行データ を転送する方法

このページの先頭へ戻る

1.iFunbox を使って iPhone や iPad から パソコン へ 飛行データ を転送する方法


1.iFunbox を起動

2.パソコンにiPhone(iPad) をUSBで接続すると、右上のタブの「機器が接続されていません」が、「デバイスに接続中・・・」となり、接続されると「***iPhone・・・」と機種名等が表示される。

3.上部のタブ「アプリ データの管理」をクリックすると、「iTunesのファイル共有」の欄に「Litchi」や「Dji GO」のアイコンが表示されます。

4.「Litchi」や「Dji GO」のアイコンをクリックし、さらに表示されるメニューの「オープンサンド」をクリック。
画像をクリックすると拡大します

5.Litchi」の場合は左側に表示されたミッション「missions」やフライトログ「flightlogs」をクリック。

  「Dji GO」の場合は左側に表示されたフライトログ「FlightRecords」をクリック。

  「DJI Phantom Flight」の場合は左側に表示されたミッション「phantom_flight_plans」やフライトログ「phantom_flight_logs」をクリック。

画像をクリックすると拡大します

6.右側に下記のようなファイルが表示されるので転送するファイルをクリックして選択。
  複数のファイル選択可能です。

  メニューの「PCへコピー」をクリックすると、パソコンのフォルダが表示されるので保存場所を指定します。
  「保存」をクリックすると転送されます。

 Litchi フライトログ のファイル名の 例
     2015-12-04_11-44-53_v2.csv

 Litchi ミッション のファイル名の 例
     常神半島の神子漁港(拡張子はありません)

 Dji GO フライトログ のファイル名の 例
     DjiFlightRecord_2015-10-08_[09-32-30].txt

7.最後に上部のタブ「***iPhone・・・」と表示されている機種名をクリック、「安全な取り外し」をクリックして iPhone を外す。

iOS版 の メニュー へ戻る

2.iFunbox を使って パソコン から iPhone や iPad へ 飛行データ を転送する方法


1.iFunbox を起動

2.パソコンにiPhone(iPad) をUSBで接続すると、右上のタブの「機器が接続されていません」が、「デバイスに接続中・・・」となり、接続されると「***iPhone・・・」と機種名等が表示される。

3.上部のタブ「アプリ データの管理」をクリックすると、「iTunesのファイル共有」の欄に「Litchi」や「Dji GO」のアイコンが表示されます。

4.「Litchi」や「Dji GO」のアイコンをクリックし、さらに表示されるメニューの「オープンサンド」をクリック。
画像をクリックすると拡大します

5.Litchi」の場合は左側に表示されたミッション「missions」やフライトログ「flightlogs」をクリック。

  「Dji GO」の場合は左側に表示されたフライトログ「FlightRecords」をクリック。

画像をクリックすると拡大します

6.メニューの「PC からコピー」をクリックすると、パソコンのフォルダが表示されるので保存場所のファイルを指定します。複数のファイル選択可能です。
選択後「開く」をクリックで転送されます。

指定するファイルは下記のような形式です。

 Litchi フライトログ のファイル名の 例
     2015-12-04_11-44-53_v2.csv

 Litchi ミッション のファイル名の 例
     常神半島の神子漁港(拡張子はありません)

 Dji GO フライトログ のファイル名の 例
     DjiFlightRecord_2015-10-08_[09-32-30].txt

7.最後に上部のタブ「***iPhone・・・」と表示されている機種名をクリック、「安全な取り外し」をクリックして iPhone を外す。

このページの先頭へ戻る

Android版 の 飛行データ を相互転送する方法


転送できる飛行データは 作成したミッション(フライトプラン)や フライトログです。

保存した データを、他の スマホ へ転送して使用できます。


1.USB接続を使って スマホ と パソコン 間で相互転送する方法

2.Android アプリ X-plore を使って スマホ と パソコン 間で相互転送する方法

このページの先頭へ戻る

1.USB接続を使って スマホ と パソコン 間で相互転送する方法


AndroidスマホとパソコンをUSBケーブルで接続し、スマホのmicroSD と パソコン間で相互転送できます。

AndroidスマホとパソコンをUSBケーブルで接続すると。スマホの画面に「MTPモードで接続」「USBデバッグが接続されました」と表示されました。

パソコン側でUSB接続された「ハードウェアを安全に取り外す」アイコンをクリックすると、「MTPの取り外し」と表示されています。

以後の作業はパソコンで作業します。画像をクリックすると拡大表示します

エクスプローラを起動すると、私が所有しているスマホは「AQUOS CRYSTAL 305SH」なので、「305SH」というホルダがルートに追加表示されています。
Litchi」の場合は「LitchiApp」内の、ミッション「missions」やフライトログ「flightlogs」をクリック。

Dji GO」の場合は「DJI」の「dji.pilot」内の、フライトログ「FlightRecords」をクリック。

スマホとパソコンのフォルダ間で相互コピーできます。

このページの先頭へ戻る

2.Android アプリを使って スマホ と パソコン 間で相互転送する方法


家庭内のネットワーク等にパソコンが接続され、スマホもWiFiを使ってこのネットワークに接続できる環境で使用できます。

X-plore File MaNager を事前にAndroid版スマホにインストールしておいてください。


★X-plore File MaNager を使ってパソコンへ転送する方法

フリーアプリのX-ploreを使用するには、事前にPlayストアからインストールしておく必要があります。

多機能で、家庭の WiFi を使ってパソコンと簡単に接続できるのでファイル転送が楽です。

1.X-plore と転送先のパソコンを起動

2.Androidスマホの画面を横にして使うと、左右にフォルダの一覧が出ます。

画像をクリックすると拡大します


3.まずコピー先のフォルダを指定します。

左側の画面の「LAN」をタップ、「サーバーを追加」をタップ、「スキャン」をタップするとパソコンを探してくれます。
画像をクリックすると拡大します

パソコンのIPアドレスが表示されるのでタップすると、パソコンの共有設定しているフォルダが一覧表示されます。
保存先のフォルダをタップして選択しておきます。
画像をクリックすると拡大します


注意・・・パソコン側で使用するフォルダは「共有設定」をしておく必要があります。共有設定されたフォルダのみ表示されます。


4.飛行データ(ミッションやフライトログ)を選択してパソコンへコピーします。

続けて、右側画面の「microSD」をタップ
Litchi」の場合は「LitchiApp」をタップ、ミッション「missions」やフライトログ「flightlogs」をタップ。
Dji GO」の場合は「DJI」>「dji.pilot」をタップ、フライトログ「FlightRecords」をタップ。

ミッションやフライトログの一覧が表示されるのでコピーしたいファイルの右端をタップするとチェックが付きます。再度タップするとチェックは消えます。
 例えば Litchi フライトログ のファイル名の 例 2015-12-04_11-44-53_v2.csv
画像をクリックすると拡大します

チェックを付けたファイルをロングタップすると処理選択メニューが表示されるので「コピー」をタップ。
コピーしたいファイル名と転送先フォルダーが表示されるので「OK」でコピーを実行します。


★X-plore File MaNager を使ってスマホへ転送する方法

コピー先にmicroSDフォルダを指定し、パソコンのファイルを選択してコピーすれば Android の microSD へ コピー出来ます。

このページの先頭へ戻る